キャンドルナイトで秘密の夜会

2016/06/29

先週の6月11日

ともしびプロジェクト長崎支部主催

 

第3回キャンドルナイトinながさき」が

 

つくる邸で開催されました!

 

 

ウェルカムボード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真提供:ゲスト北村彩子さん)

 

 

 

    毎月11日にキャンドルに火を灯し、

   東日本大震災を思い返す時間を作る。

 

     東北に希望の光を届ける。

 

      「忘れないをカタチに」

 

  それが”ともしびプロジェクト”のモットー。

 

 

 

つくる邸で開催されるキャンドルナイトは

今回で第3回目

 

今回のイベントはゲストの北村彩子さんを招いてのお話会でした。

 

 

学生の依頼に快く受け入れてくださいました…!

ありがとうございます!

 

 

福島県出身で、震災を経験した彩子さん。

震災を機に長崎県諫早市へと移り住むことになりました。

 

 

 

オープニング。 まだ明るいです。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(奥に座るのがゲスト彩子さん)

 

 

 

 

震災当時の話。

長崎に移り住むに至った経緯。

 

 

   「あまり大きな被害に遭うこともなかった私は、

      ここに居てもいいのだろうか?」

 

    「私に語る資格があるのだろうか?」

 

 

もやもやした拭いきれない想いを話してくださいました。

 

 

 

 

振り返りに耳を傾ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災に焦点を当てたお話会というよりも、

 

彩子さんの人生の振り返りの時間

ご一緒したような感覚。

 

 

 

キャンドルと夜景に囲まれて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者も感じたこと、感想を話しながら

自分自身を振り返る時間に。

 

 

僕はキャンドルナイトの

このふわふわした雰囲気が好きです。

 

    自分を見つめる。

     人と対話する。

 

ゲストの振り返りを皮切りに、

なんだか自分も話したくなってくるんです。(笑)

 

 

 

薄暗くて静かな夜は、ひっそりと流れていきました。

 

 

 

最後に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彩子さん、そして参加者の皆さん

ありがとうございました!!

 

ともしびプロジェクト長崎支部は

マイペースでキャンドルナイトを開催していきます。

 

 

つくる邸のロマンチックな夜会に、

あなたも来てみませんか?

 

 

 

 

Please reload

Please reload

最新記事
​アーカイブ
Please reload

タグ検索
Please reload