山手アーカイブス〜古写真と音の風景展〜

居留地まつりで地域に眠っている写真を集めて展示会を開催します。

【山手アーカイブス 〜古写真と音の風景展〜】

山手地区に住んで3年。 地域のみなさんのお話を聞くと、居留地以後の山手地区は外国人と日本人の交流が盛んで、暮らしや街並みも長崎らしい営みがたくさん残っていたと聞きます。 (居留地時代はもちろんですが)

その話を聞くたびに、当時の人の暮らしに興味が湧き、そんな暮らしをしてみたいなあと思っていました。

しかし、同時にその時代のことを知っている人が少なくなっているという話もよく聞きます。

そんな中、月一度参加している地域の歴史を勉強する会で、「いまのうちに地域に眠っている写真を集めておきたい..」という話がありました。

僕ら若い世代が「できることがあれば」と思い、 今回、展示会を企画し、居留地まつりというタイミングで開催することになりました。 イベントのためではなく、 地域の暮らしや街並みを記録するために開催できたらと思っています。

そして、写真を募集して約3週間。 地域の方やFacebookなどを通じて、少しずつ写真が集まってきました。 中には、東京や諫早などから「昔おばあちゃんが活水の先生で昔の写真を持っています。ぜひ使ってください!」との声もありました。 本当にありがとうございます。

また、当初は展示会の予算を居留地まつり実行委員会から支援をいただけるということでしたので、そのお金で開催予定でした。しかし、写真を集める中でできる限り自分たちで集めたお金で開催してみたいと思うようになりました。そして、応援していただける方と一緒にこの小さな展示を開催できたら素敵だなあと思いました。

そこで、顔の見える範囲の方から気軽に支援を集めることができるフレンドファンティング:polcaというサービスを使い、写真展に必要な経費を集める取り組みも行っています。

開催まで残り日数が少ないですが、応援していただける方は、1口300円から支援することができます。ぜひ、支援よろしくお願いします。

〈支援の仕方〉 下記のリンクをクリック、アプリのダウンロード、支援するをクリック、支払方法の記入、支援、という流れになります。 こちら → https://polca.jp/projects/29I1pXulZr9 ※1人何回でも支援可能です。(1日1回) そして、現在は風景展に向けて絶賛準備中です。

より良い風景展になるよう、本番にむけて準備を進めていきたいと思います。 《山手アーカイブス 〜古写真と音の風景展〜》 と  き: 9月16日(土)12:00〜18:00     9月17日(日)10:00〜15:00 場 所: つくる邸(南山手町13-24) 参加費:無料


最新記事
​アーカイブ
タグ検索
まだタグはありません。